だんだん変わる葬儀のスタイル

  • 多様化する現代の葬儀

    • かつて、葬儀といえば似通った形式が一般的でした。
      近所づきあいが濃厚だったので、お互いの不幸の時には隣近所同士で協力しあいましたし、会社関係の人がたくさん参列する大規模な式を行って故人を送り出すのがある種のステイタスになると考えられていた時代もあります。現代では、葬儀の形が縮小化され多様化する流れが強まっています。


      仕事関係など知り合い程度の人にも来てもらうのではなく、親族や親しかった友人など本当に自分の死を悼んでくれる人たちだけに集まってほしいと考える人が増えています。



      また、高齢化が進んでいることもあり、長生きをした人は同年代の人が既に亡くなっている場合もあります。
      以前はお通夜、告別式を行って墓地に納骨するのが一般的な流れであり、大抵誰もがその方式に従っていましたが、現在では自分自身の葬儀を自分でプロデュースし、必要でないと判断したプロセスを省いたり、逆にこだわるところにこだわったりして、生前の自分の考えを反映させたいと考える人が増加しています。
      たとえば、墓地を購入しなかったり、僧侶をネットで手配したり、そもそも式自体を行わない直葬にしたりと、従来当然お金をかけるべきと思われていた項目にお金をかけない代わりに、自分の好きだった場所に散骨したり、セレモニーで自分の好きな音楽をかけてもらったりして、自分の最期を自分の好きなものでプロデュースする葬儀が年々増えています。



      彼らはエンディングノートなどで自分の希望する葬儀についての意志を伝え、遺族に実行してもらっています。