だんだん変わる葬儀のスタイル

  • 最近選ばれている葬儀のタイプとはどんなものか

    • 最近よく選ばれている葬儀には3つのタイプがあります。そのタイプとは、従来のお葬式を指す「一般葬」と、小規模に行うのが特徴の「家族葬」、そしてシンプルな形で行われる「一日葬」「直葬」になります。まず従来タイプである「一般葬」は、さまざまな方を呼んで行うため、参列者の人数が多くなるのが特徴であり、従来から行われているお葬式のスタイルになるため、一番馴染のあるものだと言えるでしょう。

      身内だけでなく、付き合いのあるさまざまな方を呼べるため、社会的な人間関係をより重視したいという人に向いていると言えます。

      次に小規模タイプの「家族葬」は、一般葬と比べて小規模に行われるのが特徴であり、家族や親戚などの狭い範囲に参列者を絞って行われるという比較的新しいスタイルのお葬式です。参列者の人数が少なく、親しい身内だけで行われるため、ゆっくりと静かな気持ちでお葬式を行いたい人や、費用を一般葬より安く抑えたい人などに向いていると言えるでしょう。



      さらにシンプルタイプである「一日葬」は、通夜式を省くことで葬儀を一日で済ませてしまうのが特徴であり、こちらも比較的新しいお葬式のスタイルになります。



      本来の二日間の日程で行うことが体力的につらいという人や、家族葬よりもさらに費用を安くしたい人などに向いていると言えます。



      そして「直葬」は、一連の儀式を行わず火葬のみを行うという葬儀スタイルであり、最も費用が安いため、できるだけお金をかけたくない人などに向いていると言えるでしょう。