だんだん変わる葬儀のスタイル

だんだん変わる葬儀のスタイル

大切な身内が亡くなった時、相手を偲ぶために葬式をあげます。一般的には斎場を借りて通夜と告別式を行う一般葬が行われます。

または企業と喪家の合同で行う社葬など、多くの方と一緒に故人を見送る形態が多数でした。



多くの人と一緒見送り、できるだけ手間をかけることで故人を偲び喜ばせることと考えられていたのですが、社会的な変化があり、葬儀のスタイルはよりシンプルに多様化してきました。
ここでは、そのような、新しい葬儀の方法について説明します。○身内だけで見送るもの家族葬では、遺族や親戚のみの少人数・小規模で行います。



それにより喪主や遺族の精神的・費用の負担を減らすことができます。

首都圏や大都市で行われるものの半数以上は、この家族葬です。
これに類似したもので、遺族を中心に故人に親しい人が内々に集まり行う密葬があります。○儀式を簡略化したもの通夜と告別式に分けて行われるものを一日で済ませる一日葬があります。通夜法要を行わないため、時間や費用の負担が減ります。
なお、通夜も告別式も行わず、火葬と拾骨を行う葬送方法として直葬がありますが、通夜・お葬式・告別式を行わないことから、葬儀と見なされないのが一般的にです。

○その他斎場を使わず自宅で行う方法として自宅葬があります。



地域にもよりますが、斎場の予約スケジュールが詰まっていて、会葬ができない問題があります。

故人の暮らした場所でお別れをすることができ、会場費用がかからない自宅葬は、以後増えるかもしれません。

  • 生活が気になる方

    • 最近よく選ばれている葬儀には3つのタイプがあります。そのタイプとは、従来のお葬式を指す「一般葬」と、小規模に行うのが特徴の「家族葬」、そしてシンプルな形で行われる「一日葬」「直葬」になります。...

      detail
  • 生活の基本知識

    • 葬儀といっても最近は色々なスタイルがありますよね。昔からよくある家で送る葬儀、セレモニーホールで送るスタイル、そして、家族のみで送る家族葬など非常に多くのお別れの形があります。...

      detail
  • 専門知識

    • 葬儀とは、人の死を弔うために行われる祭儀です。冠婚葬祭として祭りごとの一種として数えられる人生の節目にかかわる非常に重要な儀式です。...

      detail
  • 1から学ぶ生活

    • かつて、葬儀といえば似通った形式が一般的でした。近所づきあいが濃厚だったので、お互いの不幸の時には隣近所同士で協力しあいましたし、会社関係の人がたくさん参列する大規模な式を行って故人を送り出すのがある種のステイタスになると考えられていた時代もあります。...

      detail