だんだん変わる葬儀のスタイル

  • 葬儀について詳しく解説

    • 葬儀とは、人の死を弔うために行われる祭儀です。



      冠婚葬祭として祭りごとの一種として数えられる人生の節目にかかわる非常に重要な儀式です。

      日本ではよく仏教形式の葬儀が行われることがありますが、それには開催する人の死生観や宗教観が非常に深く反映されるものとしてよく知られています。


      もちろん、故人のためにあるものですが、残された人が心に区切りをつけるために行われるものでもある、という考え方もよく言われるものです。



      歴史的には、すでに六万年前から葬儀に類する儀式が行われていたとされます。古代社会においては、死者の腐敗する姿が恐怖の対象でその不名誉な姿を見ないために葬儀を行うというような考えがあったようです。

      日本では仏教式のものがよく行われていると書きましたが、キリスト教式のものなどでも日本のものと同じように、荘厳な雰囲気の中で、重々しく丁重に死者は送り出されていきます。


      キリスト教式のものでもカトリックのものと正教会式のものなど細かい分離派あるようです。



      正教会式のものに見られる死生観は、永眠するというニュアンスではなく、復活するまでの一時的な眠りとしてとらえられているようです。

      その反面、ヒンドゥー教のものなどの、明るい雰囲気で行われるものもあります。


      死者を天国へ送り出すための晴れやかな儀式という認識があり、日本式のものに慣れている人にとってはイメージが付きづらいものかもしれませんが、参加者全員の表情も明るい、というような葬儀もあるようです。